本文へスキップ

マリンスポーツの代表格の水上バイクを安全に楽しみたい。

水上バイクの楽しみ方

フリーライド

水上バイクでレッツマリン!/フリーライド

水上バイクを手に入れてまっさきにやること、それはフリーライドでしょう。 あてもなくフラフラと、大海原を風の向くまま気の向くまま好き勝手に走り回る フリーライドは、「今自分は最高に自由だな」と実感できるのでストレスが溜まり やすい社会人にとても人気の遊び方となっています。 空を飛ぶカモメを追いかけてみたり何か音のする方向へ向かってみる、そんな 適当に進路を決められるので綿密に計画を立てなくても実行に移せるのも魅力です。 また初心者が操縦に慣れるためにフリーライドを行うのもありです。 この速度ならカーブでどんな感覚になるのか、急加速はどの程度まで自分の肉体 とマシーンが耐えられるか、といったことを試しながら広い水面を走ります。 なにしろ目的地を決めていないので、どこをどんなルートで走行してもいい、 疲れたらいつでも陸地に戻ることが許されています。 操縦の熟練者でも新しいマシーンを購入したら、まずはフリーライドで性能を チェックするといいでしょう。


ツーリング

フリーライドで運転技術を高めたら、どこか目的地を設定してツーリングを楽しむ のが次のステップになります。 別に目的地はどこでもよく、「あの小島からはどんな景色が見えるのだろう、 行って確認せねば」とそんな軽い理由で決めちゃっても問題なしです。 泳いでは行けない場所の方がツーリングのしがいもありますが、なんならすでに 遠泳で訪れたことのある場所でも構いませんし、昨日フェリーに乗って行った島 を選んでも誰にも咎められませんので安心してください。 そして行き先は別に小島でなくてもよく、漠然と「ここから10キロ先の海水 はどんな味がするのだろう、今自分がいる場所とは色が違うように見えるな、 よし明日ツーリングで行ってみよう」とあやふやな目的地を設定するのも一興です。 ひとりで行くもよし、ランナバウトタイプで数人で行くもよし、フリーライド ほどではありませんが自由に計画を立てられますので、水上バイクに慣れてきたら ぜひともツーリングを楽しんでみてください。


ウェイクボード

上級者向けの楽しみ方にはウェイクボードが用意されています。 水上バイクに乗るのではなく引っ張られながら板に乗るのですが、最高のスリルを 味わえると20代前半の男性に人気爆発のマリンレジャーと評判です。 水上バイクにハンドルが付いているロープを繋げ、ウェイクボードに乗る者はそれを 両手で掴んで引っ張ってもらいます。 沈まないように足には板を装着し、準備が出来たらスタート、あとは水面を水上 バイクと同じスピートで疾走します。 そんなに大きくもない板に乗っているだけ、ほぼ生身のままですから相当なスリル を感じること請け合いですが、あまり調子に乗って速度を上げすぎるとデンジャラス なので最初はゆっくりと楽しみましょう。 ロープに掴まっているだけなので手を離したらもうお終い、転倒して沈んでしまい ますが、その時にスピードが速いと水面から大きな衝撃を受けることになります。 水とはいえ時速何十キロで衝突したら長い爪だと剥がれてしまうかもしれませんし、 事前に爪切りを済ませておきましょう。