本文へスキップ

マリンスポーツの代表格の水上バイクを安全に楽しみたい。

水上バイクの速度

時速100キロ

水上バイクでレッツマリン!/時速100キロ

なんとびっくり、水上バイクは最高速度で時速100キロ近くを出せます。 マリンレジャーではそこまでの高速で燃料が尽きるまで走り回ることはなさそうで、 もっと風景を楽しんだりカーブしたりと騒ぐほうがメインの楽しみ方になりますが、 それでも出せるということは知っておくといいでしょう。 製品ごとにこの最高速度は違いますが、だいたいこの位と記憶しておけばもしも 誰かに「これ時速何キロ出るの?」と質問されたときに、言いよどむ事なく 「ふふん、100キロくらい出せるよ」と返答することができます。 自動車の運転をしたことのある、免許証を取得している方ならわかるかと思い ますが時速100キロはかなり恐怖を感じるスピードです。 原付バイクでは出せない速度ですし、自転車でも平地ではなかなか出せるものでは なく、プロが下り坂でようやく出せそうなラインが時速100キロです。 一般人が精一杯漕いでも時速40キロ、そう考えると水上での100キロがどれほど スピード感があるのか理解できるでしょう。


適切な速度

時速100キロ出せるといってもいつでもそのスピードで水面をかっとばしていては そのうち事故を起こしてしまうでしょうし、無理して性能を極限まで引き出そうと しなくてもレジャーとしては充分楽しませてくれる水上バイクなので、普段は 力をセーブして60%のパワーで遊戯するのがいいでしょう。 スピード違反で捕まる心配はないしフルパワーを見せてやる、とニヤリと笑って 加速しまくりたい気持ちもお察ししますが、安全に遊ぶことが第一です。 自分で本体を所有するほどのベテランならもう充分運転にも慣れておりあまり 無茶はしないでしょうが、初心者に近い者程「もっと、もっとだ!本気の力を 見せてくれ!」と常識破りの加速をしようとしてしまいがちです。 性能的には時速100キロ出せるのですが、運転の腕前が未熟なうちにそんな 無茶をしては危険です。 また周囲に障害物がないからと油断していても、そんな高速で移動していたら すぐに障害物が目の前に迫ってくる危険もあります。 1キロ先までは安全でも、36秒で1キロ進んでしまうのが時速100キロです。


走行の仕組み

水上バイクには水面を走行するためのタイヤが付いていません。 オートバイや自動車にはタイヤが付いているのにどうして水上バイクにはないのか、 それはタイヤを回転させてその摩擦で移動するからではないからです。 ではどうやって推進力を得ているか、それはジェットポンプを使っています。 ここで乗り物に詳しい人なら「タイヤが無いのならどうやって進行方向を 変えているのだろう」と疑問が浮かぶでしょうが、それもジェットの方向を調整 して進路を左右に変更させているのです。 加速も進行方向の変更もジェットを使いますから、カーブする時に減速して安全に ゆっくり曲がるという通常のオートバイのように曲がることはしません。 本体を目指す方向へ向けるのではなく、そちらの方向に推進力をかけることで 左右へと移動しますから、加速しながらでなければ曲がれないのです。 もしもジェットノズルが固定されてしまったら、その水上バイクは直進の移動しか できないことになるでしょう。