本文へスキップ

マリンスポーツの代表格の水上バイクを安全に楽しみたい。

水上バイクって?

水上バイク

水上バイクでレッツマリン!/水上バイク

そもそも水上バイクとはどんなものなのか、ここから解説を始めるのが親切だと 思うのでまずはマリンスポーツの代表格、水上バイクについて簡単におさらいを してみようと思います。 このマシーンは陸地ではなく水の上を走行するオートバイで、周囲から水を取り込み 水流を利用して動力とし高速移動します。 お水は本体の下方にある給入口からいくらでも手に入れることができますし、 海で使用するのなら水不足の心配は全くいりません。 ですが陸上では動力となる水が満足に得られませんので、水上バイクをまともに 駆動させることは現実的ではなくなります。 このあたりは適材適所、地面を走行するのなら普通のオートバイ、水面を疾走 するのなら水上バイクということです。 誕生したのは今から何十年も昔で1970年代にカワサキが開発したとのことですが、 「カワサキならやってくれそうだな」という気がしないでもないですね。 ハイテクなマシーンかと思いきや意外と昔からあるのにちょっと驚きです。


いくつもの名前

では水上バイクはどうして複数の名称を持っており理解しがたい状況になっている のか、次はこの疑問を解決したいと思います。 最初に確認しておきますがこのマシーンは水上バイクと呼ぶのが一応正解になり、 乗り物としてもそう呼ぶのが筋となっております。 ではそれ以外の名前は何かというと、ほとんどが商品名にあたるのです。 製造したメーカーが付けた名前で、マシーンの種類としては正しくないのですが それが広まって定着した、ということのようです。 カワサキが販売した水上バイクはジェットスキーという名称で市販され、ヤマハが 開発した水上バイクはマリンジェットという名前で市販された、このように同じ タイプのものですがメーカーごとに商品名が異なるのはまあ当然でしょう。 その結果一般に認知される呼び方が複数同時に存在するようになったのです。 テレビゲームのことを全てファミコンと呼ぶ人もいますし、音楽を聴くための 携帯用プレイヤーをウォークマンとしか呼べない人もいます。 それと似たようなものでしょう。


水上バイクのタイプ

テレビゲームにもタイプが違う物があるように水上バイクにもいくつかの種類が ありますが、あまり区別が付かない人が大半でしょう。 最初に思い浮かべるのはきっと数名が座って座れる、ワイワイ楽しそうな ランナバウトタイプになりますが、これは4人以内の乗車数が適切です。 一人用だと立ったまま乗るスキータイプになり、これはロンリーウルフというアダナ を付けられている人向きの硬派なマシーンになります。 後ろには誰も乗せない、一人にしてくれと無言のメッセージを放っているので、 海でちょっと泣いてくるのにも最適なタイプかもしれません。 あとはスポーツタイプもありますがこちらはスピード重視で、競技に使われるような マシーンですのでマリンスポーツにはあまり利用されることはないでしょう。 娯楽で使うのならランナバウトタイプが一番使いやすくこれなら5人組みの グループで海に遊びに行っても、1人が撮影係、4人が乗車と丁度いい配分を することができるのでベリーグッドです。